たった1日で仕事が変わった。何が起こったのかはまだわかっていない。

  • 2016.04.02 Saturday
  • 14:13
こんにちは!かよです。
昨年から広報専任ではなくなり、人知れず『広報ブログ』を『わたしブログ』に変えていたのですが(何て名前にしていいかわからなすぎてこんな名前に。)ここ最近また変化があったので、ひさしぶりにここで書こうと思った次第です。

ご存知の方も多いかと思いますが、昨年からminneは積極投資としてあらゆる施策を行って成長してきました。それに伴って私は主にCMまわりや物販イベント、テレビや書籍などのメディア露出に携わり、それまでどっぷり漬かっていた広報の仕事とは一変した1年でした。最近はminne関連の仕事もある程度落ち着き、再び広報業務全般や別の事業のイベント企画などを担当していました。

そんな3月31日、ペパボでは朝会が盛んに行われているのですが、私のいるプロモーション戦略グループでも毎朝、出社直後にその日のタスクを共有するための朝会を行っていました。私はその日のタスクを「テレビ局対応と、文章作成と査読のタスクがあります。」と報告しました。

朝会が終わるとすぐに社長のケンタロさんがガラス張りの社長室の中から手招きするのが見えたので、社長室に入りました。
「昨日の合宿(ペパボの重役が全員こもって今後の戦略を練る合宿が定期的に行われているらしいです。)で決まったんですけど・・・

かよさんにはminneに異動してもらうことになりました。


ちなみに明日からです。

「ちょwwwwwwww」

リアルに ちょwwwwおまwwwwってなったの人生初な気がする。


そんなわけで1日で仕事内容が一変することになりました。

”エイプリルフール・・・?”

ってちょっと思ったけど、言われたの3月31日でした。どうやら現実らしい。

異動の話を聞いてからランチの時間まで、今の仕事どうしようとか、今の部署のスタッフたち大丈夫だろうかとか、今日の朝会のタスク、一気にぶっとんだなとか、明日行ってすぐ新しい仕事ができるんだろうかとか、グルグル考えてたんですけど、お昼に同僚のアスキーとTORO'Sのハンバーグ(チーズ&アボカドトッピングのカロリー増し増しver.)を食べたら、心の平穏が訪れました。

つい最近、私が敬愛する『Web Designing』の編集長の馬場さんが編集長を退任されたのを知って、長らく務めた仕事を退くというのは一体どういう気持ちなんだろう・・・と考えていたところだったのに、自分自身も当事者になるとは・・・!なるほどね!こういう気持ちね!今すぐ馬場さんとお酒酌み交わしたい気分!!


さて、ここから先は、今後私のほかにも”1日で異動することになった!”という事態になった人のため、自分がまた1日で異動することになった時のために、1日という限られた時間でスムーズにジョブチェンジするためにやったことをメモとして書き留めていこうと思います。

1:同じ部署のスタッフに異動することを共有する

10:30に異動の話を聞いて、同じ部署のスタッフに共有するに至ったのが15:00。この時間まで共有できなかったのは、外出の多い部署なのでスタッフ全員がなかなか揃わなかったから。15:00までは、仕事の相談を受けた時に「ありがとうございます!再考して週明けにまた相談します!」とか言われると”あぁ、その頃はもう私ここにはいないな・・・申し訳ない・・・”と思いながら「お・・・おう・・・」とやましさ全開の生返事をしたりして挙動不審に。
いざみんなに共有する時は、全員に会議室に集まってもらい、プロモーション戦略グループのマネージャーであるロベから報告してもらう形に。突然のことでみんな「ギャーーーー!」っとはなりましたが、異動後もしばらくは並行して現状のタスクを消化する形にしたので、大きな混乱はなさそうでした。



異動を伝えた直後、私のいないところで企画を詰めるプロモーション戦略グループのメンバー3人が頼もしい。何だか寂しくなって「なんだよ〜〜〜みずくさいな〜〜〜何やってんだようぅぅぅ」とウザい感じで絡みにいった。(最低)


2:配属先のマネージャー陣とミーティング

15:30には新しい上司になる高村さん(実は昨年までプロモーション戦略グループで上司だった人)がミーティングを設定してくれていて、minneの各マネージャーから、配属先の現状と、直近の4月の動き方、全体的なミッションなどを共有してもらいました。私からは現状自分が抱えている仕事をどこまで持ってくるか、などを相談させてもらいました。広報・プロモーション業務から事業に直接関わる業務へとシフトするにあたって、早期に明確なミッションを認識できたことで、明日からやれる気がしてきました。
「いける気がする」っていう感覚が持てたこと、これはすごく大きかった。感謝です。


3:配属先の現状把握

一夜明けて配属1日目、4月一杯、二人三脚でやっていく相棒の”しお”が午前中に共有ミーティングをセッティングしてくれました。口頭での共有に加えて、ペパボではGitHubでプロジェクトとタスクを管理しているのと、Google docsでファイルを共有しているので、状況把握がかなりスムーズにできて助かりました。2時間みっちり話して、週明けの次営業日に消化するべきタスクまで2人で設定。なんとも心強いです。



全然なんてことない、たいしたことないよ、と周りにも自分にも言い聞かせていましたが、ふと手元を見るとデスクにミルクティーが2つ。最初のミルクティーを飲みきらないうちに次のミルクティーを買って飲んでたらしい。そこそこ動揺していたようです。


4:席の異動

minne側でかなりスピーディーに色々セッティングしてもらったのもあり、それに応えて週明けからガンガン動くにはやっぱり席の移動を今日中にやっておくべきだな、と思い立ち実行。早々にデスクの場所を確保してくれていて、ありがたかったです。相棒しおの隣。



新しい席にはこんな付箋。ありがたや・・・。




新しい席はこんな感じになりました。ウェルカム付箋はもったいなくてはがせてない。物が多いせいで移ったばかりのフレッシュ感が全くない・・・。

これで異動完了です。


いつの間にか入社して11年が経ち、ほぼずっと同じ業務に携わり続けていて自分でもちょっとびっくりだったのですが、思えば会社の事業に直接関わる部署に所属するのは初めてです。そして社長のケンタロさん直轄部署以外に属するのも初めて。ちょっとしんみりして、引っ越し荷物を運んでいる途中で偶然会ったケンタロさんに「今までありがとうございました!」と割と張り切って挨拶したんですが、「え!何!?」と反応されたので、「あ、ケンタロさんの下を離れるの入社以来初めてなので!」というと「あれ!そうでしたっけ!?」と言われて、全力で”今のしんみり返してほしい・・・!!!”と思ったのはここだけの話です。


こんな感じで、怒涛の2日間でしたが、週明けからは本格的に、minneの人として生きてゆきます。所属はminne事業部 作家支援チーム となりますので、minne作家さんを精いっぱい支援していきます。これまで関わらせていただいてきた作家さんにも、今後はさらに濃密に関わらせていただくことになると思います。引き続きよろしくおねがいします。

そしてすでに新たなプロジェクトが始動していて、4月中には初仕事をお披露目できるのではないかなという感じです。サービス側の人間になった今、各メディアのみなさまにはこれまで以上に粘っこく「minneよろしくおねがいしますぅぅ〜〜!」とねっとり絡みついてまいりますので、何卒よろしくおねがいします!(広報はすでに専任でやっているスタッフがいますので、私までご連絡いただければ繋がせていただきます!)



プロモーション戦略グループのマネージャーであるロベと、ずっと同じチームだった たかみーと。背景には何やらインターネット生中継をがんばっているプロモの後輩たち。(セルフィー慣れないのでうまくおさまってない)



引っ越し作業が終わり、あとは帰るための荷物のみ、の状態になったプロモーション戦略グループの自席。寂しい。
広報に携わったのは11年、プロモーション戦略グループに所属したのは3年半でした。
本当にありがとうございました!あとは任せた!!!

新しい部署、新しい職種で、今までの経験を活かしっつ、今までを超える仕事をできるように精一杯がんばります!
minneのみなさん、どうぞよろしくおねがいします!!


 

私が子供を育てているわけではないと気付いた話。

  • 2015.12.17 Thursday
  • 19:32
1年以上ぶりのかよです。
久しぶりにブログの管理画面に入ったら最終更新日がはるか昔だったのでひるみました。
ついでに下書き状態で長らく公開していなかった育児日記が発掘されたので、リアルタイムの更新かのようにしれっと載せておきます。

以下、1年以上前に書いて、なぜか公開していなかった記事です。

-----
産休・育休から復帰して1年ちょっと経った私ですが、たまに思うことがあります。
私は仕事をしながら、ちゃんと子育てできているだろうか。

私は息子がもうまもなく一歳、そろそろ復帰だぞという時期に「小さい子供を預けて仕事をすることへの抵抗感」が大きくなっていったように記憶してるんですが、復帰して仕事を再開してからもよく感じます。「きょうほいくえん、いやだ。おうち、あそぶ。」と、数少ない知ってる単語をなんとか繋ぎ合わせて訴えてくる息子を見たら申し訳ない気持ちがムクムクと。

でも「子供に対して“すまない”と思ったらそこで試合終了だぞ」と復帰前に自分の肝に銘じていたので、そのムクムクをどうにか押さえ込み、「お母さんは楽しくお仕事に行く、キミは楽しく保育園だ!」という雰囲気で、なんとかお互い笑顔の状態で先生にバトンタッチするのが日課です(だから預け入れに異常に時間がかかったりする日もある)。

そして、我が子に新たなスキルが備わっていることを先生から告げられた時にも少し寂しくなります。たとえば初めて喋った言葉、初めて歩いた瞬間、それを保育園の連絡帳の文字や先生のお話で知ることの切なさといったらないと思います。私は息子が1歳になるまで育児休暇をとっていたので、初めてのおしゃべり、初めてのあんよは幸いにも自宅で見られましたが、ある日突然先生から「今日一人ででんぐり返りしたんですよー」と言われてびっくりしたこともありました。でんぐり返りなんて教えてないし、保育園でも教わってないらしいけど、なんでも保育園のお昼寝用お布団で「ごろーん」と言いながら上手に回るらしい息子。どうしてもそれを実際に見たくて、居間にわざわざ布団を敷いて「ごろーんしてみて!」とリクエストしたことも。(でも大概そういう時は見せてくれない)

とても寂しい気分になる一方、保育園に行ってなかったらでんぐり返りもこんなに小さいうちからできなかったかもしれないし、現在やたらよく喋る息子の豊富な語彙力は保育園の先生やお友達とのコミュニケーションから養われたものだよな、と保育園から受ける恩恵を実感したりもするのです。

そんなモヤっとした気持ちが一気に吹っ切れた出来事が最近ありました。
2歳の息子は絶賛イヤイヤ期で、「ヤダよ〜(少しおどけながらの軽い拒否)」「イーヤーだ!(本気でイヤな時)」「ノー!(断固拒否。なぜかここだけ英語。)」で拒絶を示すのですが、服を着替えさせようとした時に「ヤダよ〜」と言いながら部屋の端まで走って逃げて振り返り、こう言い放ったのです。

「アイーン!」

突然の息子のアウトプットに完全にひるんだ後、笑ってしまった母。

「ガチョーン!」

矢継ぎ早に新ネタを披露する若手芸人のごとく次のネタを繰り出す息子。
2012年生まれの息子がセリフはもちろん、フリまで完全再現。

それを一体誰に習ったんだ…出所が知りたくて訊いてみたら、怒る寸前の母を笑わせることに成功した息子は
「せ・ん・せ・い(はぁと)」
と、上機嫌でフラフラと謎のダンスを踊りながら答えてくれました。

これに味をしめて、いろんな人に「ガチョーン!」「アイーン!」を披露するようになった息子は中高年のみなさまの心を鷲づかみ。なんて……なんてオモロイこと教えてくれたんだ……

親戚のおばさまに「シュっとした和顔だから将来は綾野剛くんみたいになるんじゃない?」と言われて、3丁目の夕日に出てきそうな昭和感を醸し出す息子に最大限気を遣ってくれたお世辞だと理解しつつも、たしかに涙ボクロもあるしな……と、ちょっとその気になっていた母のその気を返して。

イケメン路線から少し逸れた感は否めませんが、確実に(中高年からの)愛され度は増したので結果オーライかなと思っております。

結局、育児をたくさんの人に協力してもらう分、さまざまな大人やお友達のエッセンスを吸収して育っていくということなのだ。私や夫だけが子育てをしているわけではないんだから、たくさんの人に育ててもらえてるんだからとりあえず大丈夫だわ。と気が抜けたというか、不思議と安心した出来事でした。

たとえ初めてのアイーンが見られなくても、もう落胆しない。




ていうか生まれて初めてアイーンした瞬間に立ち会えなくてもあんまりガッカリ感ないな……。

オフィス風景を撮っておくのは良いと思う。まじで。

  • 2014.10.14 Tuesday
  • 16:06
こんにちは!かよです。
連休中、息子がめずらしく熱を出して自宅で鬱々としていたのですが、眠る間際にある記事を発見してハッピーになりました。

創業からのオフィス風景を撮っておくのは良いと思う。ーネット界隈で思ったことや妄想

大柴さんにペパボのFacebookページのコンテンツを褒めていただいた〜!ひゃっほい!
書いていただいた内容は記事タイトルのとおり、社内の写真はバンバン残しておけば後々、会社の成長の軌跡を見るコンテンツとしてとってもいいよね!っていうことなんですけど、これ本当にオススメです。創業から随分経ってる会社でも、これから長く会社続けるつもりでいる会社は今すぐやるべき。

ペパボFacebookページに年別に上げられてる昔の写真は私が撮ったものが多いんですが、これは私が広報ブログのネタ用に色々と写真を撮っていたりしたため。当時は毎日ブログ更新しなきゃという謎の使命感に駆られ、スタッフのデスクから、「UFOがいる!」とスタッフ全員が窓に釘付けになっている風景(これはマジで謎な光景だった)まで、所構わずバシバシ撮っていました。普通の会社でも何かしらのイベントごとやセレモニー的な場面では撮影することもあると思いますが、1年の大半は何てことない日常業務なわけで、その大半を占める普通の会社風景を写真に収めておかない手はありません。今はどこにも公開しないような普通の写真だって、10年後はみんなが悶絶するほど懐かしい写真になるはずです。

というわけで、わたしが独断と偏見でまとめてみた社内記録写真撮影のポイントです。

1:カメラマンに徹する人が必要



社内みんなで撮って集めようぜ〜っていうスタンスでやるのも全然アリなんですが、大概3ヶ月ぐらいで誰も撮らなくなります。特にオフィス風景なんかは意識して撮らないと全然撮らなくなるので、やっぱり「オレが撮る!」という意気込みの人が必要だと思います。
たとえUFOが飛んでいたとしても、UFOを撮るんじゃなくUFO騒ぎで賑わうオフィス内を撮るのが大切。
個人的には広報もしくは広報っぽいことをしている方がどんどんやっていけばいいんじゃないかなと思います。

ちなみにペパボでは「撮った写真を好きなように上げまくる」主旨でも写真を公開中です。「ペパボカメラ」はペパボスタッフであればだれでも写真をアップできるようになっています。スタッフ同士の飲み会などの写真多めなので、スタッフ同士の雰囲気などが気になる就活生や転職希望の方はぜひこちらも。これはこれで楽しいのです。

2:カメラを買う

これ意外と大切で、私物のスマホとかカメラだとなぜか続かないです。たぶん、プライベートな写真と会社の写真が混在していて整理が面倒だからかな、お蔵入りになったまま記憶から消えてしまいます。会社に常に置いておくカメラがあれば、意識して撮るようになること間違いなしです。
私は入社した2005年、当時社長だった家入さんに「ブログの写真、もっときれいに撮れるようにカメラ買いなよ」と言われて、「はい!社長お願いします!」と元気におねだりして社長の自腹でコンデジを買ってもらいました。
今まで黙ってましたけど、そのカメラ、5年前ぐらいになくしました。でもあのカメラがあったから色んな思い出を残せたんだ・・・家入さんありがとうございました、そしてごめんなさい!!!

今は会社の備品としてカメラが用意されていて、デジタル一眼(Canon5D MarkII)でいつでも綺麗な写真が残せるようになっています。

3:被写体に配慮する

社内を撮影しはじめると、最初は社内の雰囲気がドヨドヨとどよめきます。「撮影してるけど、深い意味はないから!ほら、怖くない。怖くないよ・・・」と初めてテトに会ったナウシカのごとく声をかけながら撮りましょう。何度も撮ってると、そのうちみんな慣れてきて、あいつまた撮ってんなーぐらいの感じで諦めつつ受け入れてくれるようになります。
あと結構盲点なのが退職したスタッフが写ってる写真の取り扱い。退職者の写真をコーポレートサイトなんかでババーンと出すわけにはいかないので注意です。絶妙にトリミングしたりして使いましょう。


創業10年ともなると、この写真に写ってる人全員辞めてるな、なんていうデスノート状態の写真も存在します。

4:活用する場をつくる

写真を撮りためてローカルに保存していても、腐りはしませんが面白くありません。ペパボでは撮った写真をオンライン写真共有サービス「30days Album」を使ってスタッフ間で共有しています。なんと現在の共有枚数は18700枚だった。写真は撮影者と被写体の許可をとった上で、コーポレートサイトや採用資料なんかで利用することもあります。もっとライトなところでは大柴さんに取り上げていただいたようにペパボのFacebookページにまとめて載せたりしてます。Facebookページに社内の風景を載せるきっかけになったのは、社長のケンタロさんの「Facebookページにもっと社内の風景とか昔の写真とかどんどん出していけばいいと思う。コンテンツがないと寂しい!」という意見からでした。
なんてことない社内風景の写真でも、年別でまとめると変遷がわかって価値が出てくるのでオススメ。今の写真も昔の写真も、撮ったものを活用すれば、社内を記録し続ける意義も出てくるというものです。

最後に、2006年頃のペパボ東京オフィスと、現在の東京オフィスを比べてみます。
フロアは移動しましたが、どちらもセルリアンタワーです。


2006年のオフィス。
右奥に見える擦りガラスのついたての奥が社長スペース。


2014年10月現在のオフィス。
一番奥に見えるガラス張りの部屋が社長室。
こことは別のフロアにも執務スペースがあります。
モニタがワイドだし大きくなってる!

こんなふうに昔と今を比べられるのも楽しいです。
社内記録写真、気になった方はぜひやってみてください!
Check

recent comment

  • 働く女子たちに、覚悟して仕事することをオススメします 〜わたし広報を辞めます〜
    かよ (08/01)
  • 働く女子たちに、覚悟して仕事することをオススメします 〜わたし広報を辞めます〜
    ともこ (07/25)
  • 働く女子たちに、覚悟して仕事することをオススメします 〜わたし広報を辞めます〜
    かよ (07/25)
  • 働く女子たちに、覚悟して仕事することをオススメします 〜わたし広報を辞めます〜
    通りすがり (07/25)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと)第4号
    かよ (02/07)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと)第4号
    美里の母 (02/05)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと)第3号
    かよ (02/03)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと)第3号
    美里の母 (09/08)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと)第3号
    美里の母 (09/08)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと) 第2号
    かよ (08/03)

recent trackback

profile

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

mobile

qrcode

recommend

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM