オフィス風景を撮っておくのは良いと思う。まじで。

  • 2014.10.14 Tuesday
  • 16:06
こんにちは!かよです。
連休中、息子がめずらしく熱を出して自宅で鬱々としていたのですが、眠る間際にある記事を発見してハッピーになりました。

創業からのオフィス風景を撮っておくのは良いと思う。ーネット界隈で思ったことや妄想

大柴さんにペパボのFacebookページのコンテンツを褒めていただいた〜!ひゃっほい!
書いていただいた内容は記事タイトルのとおり、社内の写真はバンバン残しておけば後々、会社の成長の軌跡を見るコンテンツとしてとってもいいよね!っていうことなんですけど、これ本当にオススメです。創業から随分経ってる会社でも、これから長く会社続けるつもりでいる会社は今すぐやるべき。

ペパボFacebookページに年別に上げられてる昔の写真は私が撮ったものが多いんですが、これは私が広報ブログのネタ用に色々と写真を撮っていたりしたため。当時は毎日ブログ更新しなきゃという謎の使命感に駆られ、スタッフのデスクから、「UFOがいる!」とスタッフ全員が窓に釘付けになっている風景(これはマジで謎な光景だった)まで、所構わずバシバシ撮っていました。普通の会社でも何かしらのイベントごとやセレモニー的な場面では撮影することもあると思いますが、1年の大半は何てことない日常業務なわけで、その大半を占める普通の会社風景を写真に収めておかない手はありません。今はどこにも公開しないような普通の写真だって、10年後はみんなが悶絶するほど懐かしい写真になるはずです。

というわけで、わたしが独断と偏見でまとめてみた社内記録写真撮影のポイントです。

1:カメラマンに徹する人が必要



社内みんなで撮って集めようぜ〜っていうスタンスでやるのも全然アリなんですが、大概3ヶ月ぐらいで誰も撮らなくなります。特にオフィス風景なんかは意識して撮らないと全然撮らなくなるので、やっぱり「オレが撮る!」という意気込みの人が必要だと思います。
たとえUFOが飛んでいたとしても、UFOを撮るんじゃなくUFO騒ぎで賑わうオフィス内を撮るのが大切。
個人的には広報もしくは広報っぽいことをしている方がどんどんやっていけばいいんじゃないかなと思います。

ちなみにペパボでは「撮った写真を好きなように上げまくる」主旨でも写真を公開中です。「ペパボカメラ」はペパボスタッフであればだれでも写真をアップできるようになっています。スタッフ同士の飲み会などの写真多めなので、スタッフ同士の雰囲気などが気になる就活生や転職希望の方はぜひこちらも。これはこれで楽しいのです。

2:カメラを買う

これ意外と大切で、私物のスマホとかカメラだとなぜか続かないです。たぶん、プライベートな写真と会社の写真が混在していて整理が面倒だからかな、お蔵入りになったまま記憶から消えてしまいます。会社に常に置いておくカメラがあれば、意識して撮るようになること間違いなしです。
私は入社した2005年、当時社長だった家入さんに「ブログの写真、もっときれいに撮れるようにカメラ買いなよ」と言われて、「はい!社長お願いします!」と元気におねだりして社長の自腹でコンデジを買ってもらいました。
今まで黙ってましたけど、そのカメラ、5年前ぐらいになくしました。でもあのカメラがあったから色んな思い出を残せたんだ・・・家入さんありがとうございました、そしてごめんなさい!!!

今は会社の備品としてカメラが用意されていて、デジタル一眼(Canon5D MarkII)でいつでも綺麗な写真が残せるようになっています。

3:被写体に配慮する

社内を撮影しはじめると、最初は社内の雰囲気がドヨドヨとどよめきます。「撮影してるけど、深い意味はないから!ほら、怖くない。怖くないよ・・・」と初めてテトに会ったナウシカのごとく声をかけながら撮りましょう。何度も撮ってると、そのうちみんな慣れてきて、あいつまた撮ってんなーぐらいの感じで諦めつつ受け入れてくれるようになります。
あと結構盲点なのが退職したスタッフが写ってる写真の取り扱い。退職者の写真をコーポレートサイトなんかでババーンと出すわけにはいかないので注意です。絶妙にトリミングしたりして使いましょう。


創業10年ともなると、この写真に写ってる人全員辞めてるな、なんていうデスノート状態の写真も存在します。

4:活用する場をつくる

写真を撮りためてローカルに保存していても、腐りはしませんが面白くありません。ペパボでは撮った写真をオンライン写真共有サービス「30days Album」を使ってスタッフ間で共有しています。なんと現在の共有枚数は18700枚だった。写真は撮影者と被写体の許可をとった上で、コーポレートサイトや採用資料なんかで利用することもあります。もっとライトなところでは大柴さんに取り上げていただいたようにペパボのFacebookページにまとめて載せたりしてます。Facebookページに社内の風景を載せるきっかけになったのは、社長のケンタロさんの「Facebookページにもっと社内の風景とか昔の写真とかどんどん出していけばいいと思う。コンテンツがないと寂しい!」という意見からでした。
なんてことない社内風景の写真でも、年別でまとめると変遷がわかって価値が出てくるのでオススメ。今の写真も昔の写真も、撮ったものを活用すれば、社内を記録し続ける意義も出てくるというものです。

最後に、2006年頃のペパボ東京オフィスと、現在の東京オフィスを比べてみます。
フロアは移動しましたが、どちらもセルリアンタワーです。


2006年のオフィス。
右奥に見える擦りガラスのついたての奥が社長スペース。


2014年10月現在のオフィス。
一番奥に見えるガラス張りの部屋が社長室。
こことは別のフロアにも執務スペースがあります。
モニタがワイドだし大きくなってる!

こんなふうに昔と今を比べられるのも楽しいです。
社内記録写真、気になった方はぜひやってみてください!

オフィスに足が生えていた話

  • 2014.09.30 Tuesday
  • 13:05
どうですか、この更新スピード。異例じゃないですか。
どうもカヨです。

昨日オフィスで仕事をしていたら、目の前に足が生えていました。

足が生える職場

状況を説明しますと、
手前にいる女性が営業部門のルーキーあちゃです。
奥にうっすら見えるのがガラス貼りの社長室の中にいる社長、ケンタロさんです。

その間に足。
そう、足が生えてた。
あれ、ここは八ツ墓村?

もう一回確認しようと思う。
私の目線の先には、黙々と仕事をするあちゃと、ケンタロさん。
の、間に足。
うん、たしかに現実だ。八ツ墓村勤務のOLだ、私。

「あのー、この状況ってボク、ケンタロさんに完全に無視されてますかね。
スルーされてますかね。」

足が喋りかけてきた。
足と会話するスキルを私は持ち合わせておりませんので、
無言でミーティングに向かいました。

後からケンタロさんのInstagram見たら足の正体うつってた。

阿部ちゃんだった

これはケンタロさん目線からの八ツ墓村。

まぎれもない阿部雅幸だった

アップにしたらアベちゃんだった。
みなさん、これが国内最大規模のクリエイターを抱えているハンドメイドサイト、
minneを率いている阿部雅幸です。
普段は福岡オフィスでminneを運営してるんだけど、出張で上京してきてたらしい。

八ツ墓村スタイルで社長に上京報告とは革新的だし、
これで社長とのコミュニケーションが取れているなんてさすがツーカーの仲なんだなー
と、感心しました。
ケンタロさんのこのコメント見るまでは。



何も伝わってなかった。おい。
私の感心を返せ。

久しぶりにブログを書いてみる。

  • 2014.09.24 Wednesday
  • 17:20
たいへんお久しぶりです!ペパボのかよです。
ひさしぶりに更新するまでの間、私の周りは劇的に変化しました。

まず、仕事が変わった。これは以前ご報告しましたが、
広報ではなくなりました。
広報ではなくなったけどプロモーションに携わっているので
やってることはあまり変わらない。

そして、社名がかわった。4月にpaperboy&co.がGMOペパボに。
これもブログの名前は「ペパボ新聞」だから支障はないし、
電話口で社名を告げた時に「え?じーえむおーぺ・・・ぺ何ですか?」って
確認される回数もペーパーボーイ時代とあまり変わらない。
でもこのブログURLがpaperboy.jugem.jpですから、いよいよ
名実ともにオフィシャルブログじゃなくなった感はあります。
わーい!これで気兼ねなくウンコとか言い放題だ!ウンコ!ウンコ!

変わったことと言えばこのブログです。
ひさしぶりにブログの管理画面に入ってみて驚きました。
更新をしていないのに、毎日一定のアクセスがあって有り難い限り。
何より驚いたのがブログのアクセス解析画面のこれ。
【PR】JUGEM plusだと詳しいアクセス解析が見れるんだよ!

みなさん、妊娠していつまで働くかを悩んでおられる様子・・・!
復帰前は妊娠検索なんて引っかかるはずもありませんので劇的な変化です。
妊娠にまつわるこのエントリを見ていただいているようです。

妊娠関連の検索で来て下さった方向けに書いておきますと、
私は妊娠9ヶ月目前で産休に入り、産休に入った次の日に里帰り。
出産2ヶ月まで実家にいました。
妊娠9ヶ月まで仕事するのは本当に辛いと思います。
予定日1ヶ月前まで仕事したって人にたまに会いますが、超人だと思う。
大きなお腹で会社に辿りつくのすら必死なのにそのまま8時間仕事して
また帰宅するって、毎日富士山登頂してるんじゃないの、
っていうぐらい大変そう(イメージ)。

早めに休めるなら休むのが良いです。
休めない時は極力体に負担のない登頂をぜひ。

そんな変化もあったので、これからは更にアンオフィシャルな感じで
出産・育児と仕事の関係なども、書いていこうと思います。


JUGEMテーマ:仕事のこと

recent comment

  • 働く女子たちに、覚悟して仕事することをオススメします 〜わたし広報を辞めます〜
    かよ (08/01)
  • 働く女子たちに、覚悟して仕事することをオススメします 〜わたし広報を辞めます〜
    ともこ (07/25)
  • 働く女子たちに、覚悟して仕事することをオススメします 〜わたし広報を辞めます〜
    かよ (07/25)
  • 働く女子たちに、覚悟して仕事することをオススメします 〜わたし広報を辞めます〜
    通りすがり (07/25)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと)第4号
    かよ (02/07)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと)第4号
    美里の母 (02/05)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと)第3号
    かよ (02/03)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと)第3号
    美里の母 (09/08)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと)第3号
    美里の母 (09/08)
  • 【親孝行マガジン】月刊美里(みさと) 第2号
    かよ (08/03)

recent trackback

profile

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

mobile

qrcode

recommend

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM